エクシブ 鳴門でのボーカルデュオとランチの会

懐かしの昭和歌謡ショー と ランチをいただきながらの 楽しい会に 誘われて 行ってみた。 お昼でなければ 私たちの年齢は 車の運転が 少し不安 ですので 丁度お手軽価格で 夜は少し割高 なのかもしれないが ノンアルコールはいくらでもどうぞ・・・・ 洋食のコースでした 「BLENDY」 あまり有名でないが 楽しませていただいた。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「第九交響曲演奏会」 鳴門市文化会館にて

第38回ベートーベン「第九」交響曲演奏会が 鳴門市文化会館でありました。 あいにくの雨の演奏会でしたが 会場満員で 素晴らしい演奏会でした。 昨年100年の記念式典もあり今年は又新しく101回目の演奏会として新たに次世代につなごうと盛大に ナルト市長の挨拶に始まり 指揮 曽我大介  徳島交響曲楽団  独唱 ソプラノ・・・・竹下裕美…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

青紅葉の三千院 へ 3日目

青紅葉の光る境内沢山の観光客 ここはが外国人観光客も少なく落ち着いた観光ができました。大原菊が素晴らしくきれいに私たちを迎えてくれました・ 庭の手入れもきれいにできていて よい雰囲気で過ごしました。 時々 鶯の声が聞かれマイナスイオンを浴びながらの散策でした。 大原菊です …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

歌舞練場 鴨川おどりにて

2日目 歌舞練場の鴨川踊りの観劇に行きました。 京都南座の改修工事の間はここで顔見世公演をした 所です。 少し小さいですが・・・ 舞妓さんも多く来ていました。  お茶席券付きの券でしたので舞妓さんがお点前をしていただき おいしいお菓子をいただき 素晴らしい踊りに お芝居に酔いました でもやはり歌舞伎の踊りには少し違いがある…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

京都 4日間の旅 第1日  葵祭

京都葵祭の座席券(京都御苑9を手に入れていただいた。」京都八瀬離宮)エクシブ京都様のご厚意にて ホテルからの送迎バスもありラッキー 少し高くついたが 思い切っての旅支度 丁度 歌舞練場での鴨川踊りの開催中とあり ネットでチケットをゲット お茶席付きの観覧席を手に入れる事が出来 今日は葵祭をアップします。 京都御苑から 下鴨神社…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アオアヲナルトリゾートホテル食事 & お花見

ルネッサンスリゾートホテルの 名前が変更になって初めて食事に お花見の帰りに予約していってみた。 徳島城公園の桜 鳴門大塚スポーツパーク公園と 今年は沢山の桜を愛でた。 9日に行って 今日が最後かな もう散り始めていました。 きっと昨夜の風で  また 10日の雨できっと散ってしまうかな? ホテルは 車も ホテルの看板もすべて…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

勝浦の桜

続てけ桜のアップです。 「雛の里勝浦」毎年お花見に参ります。 私たちは 日曜日は混雑するので 平日にと思い行きましたが 大勢の方でした。ここは川に小さな船を浮かべて 漕いでくれます。 情緒あり素敵です 子供にはたらいで1人で漕ぎます。なかなか動きませんが楽しそうでした。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

鳴門 花見山にてお花見

満開の桜と聞いて早速車を走らせてみた しだれ桜の見事なこと 個人の山を開放しての場所ですが  しだれ桜も大きく成長して 見ごたえ充分 足の弱い方には 山に行くのにカートを走らせて いただけるようになってずいぶんと便利になっていた ゆっくりとわたくしはカメラをもって歩いてみた 丁度8部咲き 大勢の花見客で にぎわっていた。 心の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

万博記念公園へお花見に

花冷えの日に お花見に 開花してから 少し冷える日が多く 満開と思って足を運んだが 5部咲きでしたが さすが桜祭りとあって大勢の人 人 人 でごった返していました 家族連れ カップルと 私たち後期高齢者は 少なく  私たちは すぐ日本庭園に入りました ゆっくりとベンチで座り お茶して1日を過ごしました。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

京都旅

今日は金閣寺にて  タクシーを使いました タクシーの運転手さんに 金閣寺までと言ったら ゴールドですね シルバーではないですねと 日本人の女性のドライバー そうですが  やはり海外の方が多い京都 英語の 訓練を受けているのでしょうか 今は丁度シーズンオフ 少ない観光客でしたが 金閣寺は別ですね三脚 はもちろん …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

京都へ 3日間の旅

大好きな京都 今回は夫と2人で気ままな旅に ホテル 往復のバス切符のみ予約  エクシブでの食事も 楽しみに参りました 夜はタクシーを使いましたが 初めて地下鉄 市バスも利用し頭をフル回転しての旅でした。 ボケ防止は公共の乗り物を利用することを実行いたしました。 東山花灯篭 金閣寺 北野天満宮 平野神社(桜の種類が一番多い) 城…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

徳島県 お雛様街道

勝浦町のお雛様街道 雛の町として町おこしに尽力なさってる町です 毎年趣向を凝らして町中がお雛様をかざり ほっこりする街道です 日曜日には結婚式のカップルが歩くのだそうですが その時には行けなくって ・・・・・・ この町は 桜のシーズンには大勢の方がお越しになり 田舎の町はにぎわいます。 昨年は旧家の庭にてハーモニカの演奏もあり…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

水仙郷&モンキーセンター&ご馳走

淡路「水仙郷」に友人と行ってきました。水仙のにおいとみんなの賑やかな話に足取りも軽く上まで歩きました。 あいにく曇り空でしたが雨にはあわずによかったです モンキーセンターは初めてでしたが お猿さんも今は 下に降りていて 沢山いました 9月ごろには山の上に行ってあまり見られないのだそうです。 寒さのせいかみんなでうずくまっていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美馬 假屋崎さんの花展

毎年開かれていますが久しぶりに 暖かい日差しに誘われて 車で久しぶりに高速を走った。1時間余り  美馬のインターで降りて うだつの町並みをゆっくり歩く。 ウイークデーで あまり人出もなくゆっくりと散策 青空にうだつが映えてきれいでした。 吉田家での 花展 大麻町の 森陶器さんの花器に ときわさんの振り袖のコラボがきれい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2月になっての新年会

1月は沢山の新年会がありましたが 2月は3回あります。少し料理屋さんも空がありますので幹事さんも やりやすいのかな・参加する方も重ならないので出席率は良いいですね 会議所女性会の新宴会  女性ばかりで フラダンスあり歌ありと 昨年までは日舞もあったのですが 歳を重ねて出席されてなくって だんだんと寂しくなります と言ってわたく…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

エクシブ有馬にて

年末年始とゆっくりと家で過ごし街も落ち着き そろそろと思い 温泉かな 有馬エクシブに電話  空があり早速出かけた。有馬の湯は善いですね 前回は車を運転していったのですが今回は バス JR タクシーを乗り継いでの旅になりました。 またエクシブからのプレゼントで 神戸フルーツ・フラワー パークのイルミネーションに招待していただき素…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

鳴門市消防出初式&成人式

1月13日鳴門市では消防の出初式がありました鳴門市長様が出席されるので成人式は午後からに なりました 出初式は内の海総合公園で行いました。青空の元沢山の消防士が集合し盛大に行われました。 式典はいいものです、 成人式は 鳴門文化会館で13時より晴れ着に身を整えて晴れやかな顔で新成人が集う素敵な会です。 田舎ではトラブルもなく…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

初釜

おめでとうございます 穏やかなお正月3が日をゆっくり過ごし 6日は私の社中の初釜が 先生の家でありました。 4畳半の茶室で 先生のお点前 (お濃茶)を拝見できる唯一の日です。 腰掛待合から お庭を通り 蹲で 手を口を清め 躙り口から入り お床 お窯 お棚 拝見 お濃茶を いただきます 2席あり16名でした 終わって食事 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

チャリティ ディナー・コンサート

徳島商工会議所女性会主催のチャリティーディナーコンサートが ホテルクレメントでありました。クレメントホール 4階にて大勢の方でした 36のテーブルが 一つのテーブル12人だったかな? ヴァイオリン寺内詩織さん(ピアノ 五十嵐 沙織) バリトン熊谷陽介 (ピアノ 薮内利枝子)氏による豪華なコンサートでした 会議所の会頭様 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

歌舞伎座顔見世とオペラ鑑賞

今年も 顔見世(東京歌舞伎座) 新国立劇場 オペラを 拝見に行きました。 顔見世は豪華なかぶれで さすが顔見世 十六夜清心 素襖落 お江戸みやげ です。 オペラはカルメン ジプシーの美女カルメンが ドン・ホセに興味を抱き誘惑するが 最後はドンホセに殺される悲しいっ物語ですが、このオペラは ソプラノ歌手が主演でなく  メゾ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more